秋の果物

皆様、こんにちは。
波留です。

みなさんは、「秋の果物」と聞いてどんなものを想像しますか?
柿や梨、ぶどうなど、秋のを代表するフルーツはたくさんありますよね。

独特の食感を楽しめる無花果は、漢字だけ見ると「花が咲かないの?」と思いがちですが、
そういうわけではありません。実の中に小さな花をつけており、外からは確認できないだけなのです。

名前の由来は「毎日ひとつずつ熟すから説」や、「ひと月で実が熟すから説」があります。
品種は、桝井(ますい)ドーフィンや蓬莱柿(ほうらいし)などが挙げられます。

ぶどうは、粒が小さめで種もなく食べやすい「デラウェア」や、黒ぶどうの定番品種といっても過言ではない「巨峰」、
主に北海道や青森県などで栽培されている「キャンベル・アーリー」などがあります。皮が薄く、皮ごと味わえるシャインマスカットも人気ですね。
私は、シャインマスカット大好きです。

梨は、多汁で甘みがあり食感がよい「幸水」や、数多くある種類のなかでも比較的日持ちがよく果肉がやわらかな「豊水」、
鳥取県のブランド梨として知られている「二十世紀」などが有名です。
私は甘みが強く食感がシャキッとしている幸水が一番好きです。

他にも沢山の秋を代表するフルーツがあります(^^)

食欲の秋という言葉があるほど、秋は多くの食べ物が旬を迎える季節。
特に果物は、そのまま食べてもよし、ひと手間加えて調理するのもよし、さまざまな食べ方で旬の味わいを楽しめる食材です。

皆様も是非、色んな秋の果物を味わってみて下さいね。

では。

シェアする