こんにちは。

梅雨が明けてから、夏本番の暑さが続いておりますね。
全国各地で熱中症警戒アラートが出ています。
皆様も水分補給をしっかり摂ってお気をつけて下さいね。

熱中症対策に効果的な栄養素は、カリウム、ビタミン類、クエン酸です。カリウムは、海藻類やほうれん草などの野菜類、
バナナなどの果実類、イモ類、豆類、魚、肉類に含まれており、ナトリウムと共に細胞の浸透圧を調節する役目があります。

これらが不足すると、食欲不振、筋力低下、低血圧、不整脈などを引き起こす可能性があるため、積極的に摂取するのが良いそうです。

ビタミンB1は、体内に取り込んだたんぱく質、脂質、炭水化物をエネルギー源に変えるための代謝を助ける働きがあり、糖質をエネルギーに変えるため、疲労回復にも欠かせない成分です。
豚肉、大豆、モロヘイヤ、玄米、きのこなどに含まれています。
ビタミンCには抗酸化作用があり、赤・黄ピーマンなどの野菜類、アセロラ、レモンなどの果実類に含まれています。
クエン酸は、梅干しやレモンなどの酸味があるものに含まれており、クエン酸を補うことで、疲労回復に効果的だそうです。

熱中症対策の基本は水分補給ですが、これらの食材と栄養素を摂取する事でカラダの内側から熱中症対策をするとより効果的だと思います。

これから暑さが増し体調を崩しがちになる時期ではありますが、皆様お身体ご自愛くださいね。

では。

波留

シェアする